ジュエリー特集 of 全日本貴金属技能士会連合会

神奈川貴金属技能士会

2012年4月、神奈川県にも貴金属技能士会が発足しました!

会長、土屋昌明氏と共に志ある14名のメンバーで発足!
ジュエリー職人の集まりです!

同月17日に開催された刀剣博物館の見学会に参加して、活動の様子を見て聞いてきました。
参加費は入館料の600円のみ。見学会後の懇親会の会費は実費でした。

hibi-120417-02.jpg神奈川貴金属技能士会の第2回目の勉強会は、東京は初台にある刀剣博物館
『館蔵名刀展 -同時開催 刀装具にみる龍の世界-』を現在開催中。
(平成24年1月5日(木)~ 5月6日(日)まで開催しています。)
研究員の解説付見学会で、刀・刀装具について詳しく歴史や見方まで教わり、特に刀装具の金工については、かつての日本の職人の技に感嘆し、技能士・職人である参加者同士で「あれやこれや」と会話も弾み、逆に若い研究員の方が聞き入るなど、とても中身が充実した見学会でした。

神奈川貴金属技能士会は、

貴金属装身具製作技能士(ジュエリー職人)の技術資質の醸成を目指し、また会員及び異業種技能士との交流を通じ、賛助会員様と共に技術の向上、発展と技能士の地位向上、啓蒙を目的として活動し、更に業界の振興発展に寄与することを目的としています。

という理念の下、特に「会員のみに限らず、幅広く作り手たちの技能・技術向上、知識や教養の向上の為の情報交換の場、機会を作りたい」ということで、技能士、作り手として意欲のある人には、私のように東京貴金属技能士会の人間や、技能士の資格を取っていない職人でも声掛けをして、準会員として迎えるなど、広く枠に囚われない活動をしています。すでに5月か6月にも第3回目の勉強会を企画中とのこと。

見学の後の懇親会では、少しお酒も入ったおかげで皆さん饒舌な意見情報交換会に。詳しい内容は書くと長くなりすぎるので、興味を持たれた方はぜひ次回の勉強会にご参加下さい。

Webサイト 神奈川貴金属技能士会のブログ も立ち上げて活動報告をしています。
そちらもぜひご覧ください。


神奈川貴金属技能士会へのお問い合わせ先は、

事務局 鈴木和則 神奈川県川崎市多摩区菅馬場2-11-5ウッドチャックス内
TEL&FAX 044-944-6819  Eメール:担当:鈴木和則
神奈川貴金属技能士会のWebサイト:神奈川貴金属技能士会のブログ

まで

神奈川貴金属技能士会 第1期 役員  (平成24年4月~26年3月)

顧問
梶原 昭雄
会長
土屋 昌明
副会長
鈴木 和則
山崎 直樹
総務
山崎 直樹
経理
増田 安日出
技術
鈴木 和則
広報
吉澤 崇幸
事務局
増田 安日出
監事
坂東 健
江崎 修


2012.4.18 ライター:広報部 佐藤剣二

アトリエリフール 株式会社エス・アート様を訪問!

貴金属技能士会 広報部企画 『ジュエリー特集』 第一弾はっ!?

工房を併設し、最新の技術と伝統技法を駆使したプロフェッショナルジュエリーショップ、
東京恵比寿にある株式会社エス・アート様のアトリエリフールの紹介です。

atelier.jpg

今回、同業者であり同じく一級技能士である広報部が、アトリエリフールを特集した理由は一つ。

ba.gif一級技能士という国家に認められた腕を持つ職人がいながらもそれだけに留まらず、「長年培った手作りの技術知識と最先端の技術でサポートいたします。」をモットーにトータルバランスに優れた人材と技術の融合というコンセプトのものづくり。そして!ものづくりにこだわる、デザイナー4名、クラフトマン4名のアトリエ。1級貴金属装身具製作技能士、コンペ受賞者、ジュエリーコーディネーターが常駐し、直接エンドユーザーにサービスするというスタイルから。


mr-self-intro-image.jpgデザイナー・職人がサポートしながら結婚するふたりで、手作りする結婚指輪。今までなんと16年間2000組の実績とのことです。
ゼクシィウェディングWalrkerのweb掲載も必見です。


mr-full-intro-image.jpgまた、お客様の声と「金属アレルギーを持つ人にもジュエリーを!」との思いから、最先端技術や機械加工を生かしたチタンジュエリーも製作しています。


sample8.jpg特にCAD/CAMについては約10年の経験・ノウハウを持っており、OEM事業など原型作りで数千型の製作実績があり、宝飾業界のその分野では老舗と言っても良いでしょう。


充実したサービスを贈るブライダルジュエリー、それからのベビーリング通販、最先端技術を使ったチタンジュエリーに、確かな技術・技能によるフルオーダー・リフォーム・修理、そして実績のあるOEMと、多種多様でプロアマ問わず興味かき立てられる素敵なアトリエでした。

最後に、これからのアトリエリフールの展望を、共同経営者で当会会員、一級技能士である
吉澤さんから伺ってきました。
「恵比寿にあるアトリエ、ジュエリーショップとして地域密着しながらも全国のお客様のニーズにも応えていきたいですね。」とのことでした。

koubou.jpg

株式会社エス・アート、アトリエリフールの吉澤さんはじめスタッフの皆さん、取材協力有難う御座いました。

2011.11.25 ライター:広報部 佐藤剣二

LinkIcon

LinkIcon

1